縁起物 陶器 | 熊手

HOME -- 熊手

熊手


熊手

日本では、幸運や金運を「かき集める」という意味を込めて、商売繁盛の縁起物として熊手を飾ります。 主に毎年11月の酉の日に神社で開催される酉の市などで販売されています。
毎年、昨年度の物より大きい物を購入するのが商売繁盛等につながるとされています。 普通は竹で出来ていて、熊の手のように爪が広がっているため熊手といわれます。
熊手は昔、神社の祭礼の日に境内で売られていました。 商売繁盛の神様がまつられた神社の熊手がよく売れたことから熊手で金儲けが出来るといわれ始めました。
そして、江戸時代になって、縁起のよいもの、おかめ、大判小判、七福神や宝船などを熊手に飾り付け、「金銀をかき集めて取り込む」縁起物やお守りとして広く知られるようになりました。