縁起物 陶器 | おかめ

HOME -- おかめ

おかめ


おかめ

おかめは、鼻が低く頬が丸く張り出した女性の顔をしています。 頬の張り出した形が瓶に似ているから名付けられたとされ、おたふくともいいます。
面は里神楽などで道化役の女性として使われることもあり、男性の面であるひょっとこと対に用いられることも多いです。
またお多福ともいうように福が多いということから縁起がよいとされ浅草などの酉の市の熊手の飾りなどに使われるようになりました。 本来古代においては太った福々しい体躯の女性は災厄の魔よけになると信じられ、ある種の「美人」を意味したとされます。
滑稽な面の起源は日本神話の女性アメノウズメといわれているが、おかめの名は室町時代の巫女の名前からという説もあります。
お多福は前記の福が多いという説と頬が丸くふくらんだ様から魚の河豚が元という説もあります。 京都の千本釈迦堂には本堂を建てた大工の棟梁を助けたうえ命を絶った妻のおかめの伝説があります。 そのため京都で棟上げ式を行うときおかめの面を御幣に付ける習慣があります。
建築土木の現場では、土や砂利、コンクリートなどを掻き寄せたり、敷き均すための用具です。 「鋤簾」のことを阿亀と称して呼びます。