縁起物 陶器 | だるま

HOME -- だるま

だるま


だるま

だるまは、仏教の禅宗開祖の達磨の坐禅姿を模した置物です。 現在では禅宗のみならず宗教、宗派を越え縁起物として広く親しまれています。
多くのだるまは、張子で製作されていて、目の部分は書き入れずに空白のままに残しています。 祈願が叶うと目を書き入れるという習慣があります。 玩具の底が丸く重心が低く作られていることによって倒しても起き上がる起き上がり小法師という物があり、何度でも起き上がる様子が、達磨の面壁九年という坐禅をし続けた逸話に見立てられ、達磨の顔が描かれるようになりました。 そしてこの起き上がり・七転八起と言う特性から、次第に縁起物とされるようになりました。
日本では、江戸時代に中国から長崎の黄檗宗の寺院に伝来したのが起源とされています。 その後、商人に信仰され、日本各地に普及していきました。
だるまは、古来赤色を基調とした塗装が行われることがほとんどでした。 これは達磨が赤い衣を着ていたとされる事に由来します。 他に、赤色には魔除けの効果があると信じられていた事や、疱瘡を引き起こす疱瘡神が、赤色を嫌うと信じられていた事からも由来しているのではないかとされ、疱瘡除け・魔除けの力がある玩具として子供に与えられました。
近年では、赤色以外にも、黄色、白色、緑色、金色等の色を基調としただるまも製造されています。