縁起物 陶器 | 七福神

HOME -- 七福神

七福神


七福神

七福神は、福をもたらすとして日本で信仰されている七柱の神です。 インドのヒンドゥー教より大黒・毘沙門・弁才が、中国の仏教より布袋、道教より福禄寿・寿老人、日本の土着信仰より恵比寿・大国主が入り混じって形成されました、神仏習合からなる、いかにも日本的な信仰対象です。
室町時代末期頃から信仰されていると言われています。 ただし、寿老人と福禄寿はともに南極老人星の化身とされることから、この二者は本来同一のものとみなし、寿老人の代わりに吉祥天やしょうじょうが入れられたことがありました。 これは関西から始まったもので、誰がいつこの顔ぶれに定めたのかは不明です。
時代によって顔ぶれに異同があります。 しょうじょう、稲荷神が外れたのは、人間の姿ではなかったためとも言われています。

恵比寿

古くは「大漁追福」の漁業の神であり時代と共に福の神として「商売繁盛」や「五穀豊穣」をもたらす、商業や農業の神となりました。

恵比寿

大黒天

インドのヒンドゥー教のシヴァ神と日本古来の大国主命の習合です。大黒柱と現されるように食物・財福を司る神となりました。

毘沙門天

元はインドのヒンドゥー教のクベーラ神で、これが仏教の神のヴァイシュラヴァナ(多聞天)になり日本では毘沙門天と呼ばれます。

弁才天

七福神の中の紅一点で元はインドのヒンドゥー教の女神であるサラスヴァティー神です。七福神の一柱としては「弁財天」と表記されることが多いです。

弁財天

福禄寿

道教の宋の道士または、道教の神で南極星の化身の老子である寿老人の別名または同一神とされています。

寿老人

道教の神で南極星の化身の老子です。

布袋

唐の末期の明州に実在したといわれる仏教の僧です。